巨大結腸のペコちゃんの日常その1 アメショじゃなくてマンチカン?



最近重病の猫の話が多くて

読んで下さる方に辛い思いをさせているかもしれないので

ここの所あまり登場してなかったペコちゃんの事を書きますね!




ペコちゃん、家に来てから2年と5ヶ月になります。




前の飼い主も気づいていなかった巨大結腸、便秘、

痙攣発作、後ろ足の麻痺と健康な体ではないペコちゃん。



現在お世話係のokaがやっとコツを掴んで

試行錯誤していた毎日のごはんの事や、排泄の介助を

病院へかからずに1人で出来るようになったこともあり

平和に過ごしております






先日、ペットショップ勤務経験のある友人が動画を見て、

「ペコちゃんってアメショじゃなくて中足のマンチカンなんじゃない?」

なんて言いました。




IMG_5607-1_20170514021033b9f.jpg
(日中は寝室でのんびり寝ているペコちゃん
アンニュイな雰囲気です)



「血統書なんていい加減なもんだから、

この子はアメショってことにした方が売れるからそうしたかもよ〜」と。




へー、そうなの?と前の飼い主がくれた血統書を引っ張り出してみました。
(少し加工しました)
IMG_6287-2.jpg


アイカラー、グリーン・・・か?



買った時の領収書もあります。
(少し加工しました)
IMG_6288-2.jpg

こんなに前にはマンチカンって聞いた事なかったな。



ちょうど13年前、

産まれて生後3ヶ月でホームセンターから10万円で買われたペコちゃん。

どんなところで育ったんだろう。

他の兄弟はどうしてるだろう。


IMG_5404-1.jpg
「・・・(覚えてないよ)」


ペコちゃんの顔、アメショらしくないなとも思ってたけど、真相は分かりませんね。





引き取り当時のブログにも書いたことですが

ペコちゃんは買われた10年後、ずっと一緒だった飼い主に

海外への引っ越しを理由に飼育放棄、oka家に来る事になります。


ペコちゃんの他にアメショを2匹飼っていた飼い主。

その子たちは健康だから連れて行くけど、病気のこの子は連れて行けない。

そういう理由でした。



ボランティアの説得で涙し、譲渡会に参加した経緯もありますが、

最後には諦められてしまいました。




私は、ペコちゃんがアメショでもマンチカンでもその他でも良いのですが

そういう品種として作られ売られていた猫の

13年後の姿なのだと思ってみてもらえれば、と思います。



調べると、アメショは病気が少なく丈夫で長生きなんて書いてあったりして、

それでアメショにする人もいるのかな。

そしたら尚更病気なった時はこんなはずじゃなかったとかなってしまう気もします。




どんな病気になっても、
最後までちゃんとお世話してもらわなきゃ。






ペコちゃんの体の不自由な理由は分かっていないけど

普通の猫(雑種)の子たちと明らかに性格も体つきも違います。



IMG_5320-1.jpg





私、実は家に来た頃のペコちゃんを心から可愛いと思えませんでした。



お金のため、商売の為に

こんなに顔デカでずんぐりした体型に産まれて来た事を

可愛いと言うことを後ろめたいと感じてしまったんです。

それでも結果捨てられたペコちゃんに申し訳なくて。





どうやってこの世に産まれて来てもペコちゃんはペコちゃん。

今では、oka家の癒しの存在です


表情が乏しかったり、感情を出さないタイプですが

ペコちゃんとの生活は微笑ましく楽しいです。


前の飼い主さんに今の姿を見せてあげたいくらいです。





短くまとめたかったのにまた長くなって来てしまったので
今日はここまでにして・・・



次は、ペコちゃんのごはんの事を書きたいと思います



可愛くてしょうがないのよね〜
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


関連記事

theme : 猫のいる生活
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは
ラック、ミイナ、リマ(楽)二葉のママです
このホームセンター、うちの地元です
うちの方は工場にお勤めの外国の方も多いい地域で
皆さん、夜勤等をされているので、お家を持たれていたり
割とまぁまぁな生活をされている人が多いです
ペコちゃんがいた頃、叔母がこのホームセンターで犬を購入しています
眼の色とかも見るとちょっとドキドキですね
いい加減なのかなぁ
しかし、群馬で買われた子が13年後に長野に?
転職だったのでしょうか
結果、ペコちゃんは幸せに暮らせてるけど
危うい運命でしたね

naenataさん


naenataさん、お久しぶりです!

地元だったのですね。
売っている方というよりは
ブリーダーがどうやって繁殖しているかですよね。

本当の事を書いてある物なのか、
誰も証明出来ないのではないかと思うのです。

ペコちゃん、別の場所に住んでいたらとっくに
この世に居なかったかも知れませんね・・・

巡り合えて良かったです。

現在の閲覧者数:
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR