サクちゃんの残してくれたもの FIPの記録3



こんばんは。
okaです。


前々回からの続きです。







片付けを皆さんにお任せして早めに会場を後にしました。

帰ってきて、サクちゃんどうかなー?と部屋を覗くと

おかしな姿勢でキャットタワーに入っているサクちゃん。




変な格好だな、と思ったけど

それでも目はしっかりこちらを見ていて、

そこにいたの〜などと言ってから一度部屋を出て

大騒ぎしている他の猫たちにごはんをあげてから戻り



いつもしない場所にしてあるオシッコを拭いたりしてから、

サクちゃんに声をかけ

触れると、体はダランと意識がない状態でした。









仕事中のまるっとさんに電話。

出ないのでとりあえずライン。




フラフラで階段を下りて、夫に運転してもらい病院へ。






仕事を終えたまるっと猫さんが

高速を飛ばして会いにきてくれたのだけど、

その前に診察室で息を引き取ってしまいました。






私がいない間に

呼吸もうまく出来なかったり体力のないサクちゃんが

キャットタワーの中で

身動きが取れなくて弱ってしまったと思い、




私は何度もサクちゃんに

居なかったことを謝ることしかできなくて、

ただゴメンねと言い続けていたような気がします。




そんな間も先生がサクちゃんの口の周りをきれいに拭いたり

色々と言葉をかけて下さいました。



神経症状が強く出て、恐くて隠れたんじゃないか

中で出られなくて動いて体力を奪われたかもしれないけど

もう血液検査の時点で生きているのが不思議な状態だったのだから

ここまで本当によく頑張っていて、力尽きたという感じではないか。




ほかにも



okaさんは謝ることないです、

出来る限りのことをやってあげたじゃないですか!とか、

励ましの言葉を頂いて、

そうだよな、出来ることはやったはずなんて妙に納得してしまったり。




スタッフの皆さんも優しくて

涙と鼻水まみれの私にティッシュを差し出して頂いたり

私のお世話まですみませんと言う感じでした。




毎回、通院の時も、

最期の日も皆さんに良くしていただいて

サクちゃんも幸せな最期でした。






キャリーの中で安らかな眠りについたサクちゃんを連れて帰り

飛んできてくれたまるっと猫さんにたくさん撫でてもらって

お別れしてもらいました。




IMG_4573-1_201704080014505f6.jpg
まるっとさんが買って来てくれたお花と一緒のサクちゃん。



火葬の日まではまた同じように一緒に寝て

それまでしていたように何度サクちゃんの頭に顔を押しつけても

生きている時と何にも変わらない

フワフワの感触とにおいで、涙が出ました。








火葬が終わってから、

最後の血液検査の説明を聞きに。



サクちゃんは腹水が溜まらず

数値以外でFIPであると診断する症状がありませんでした。





最後には頭の揺れやフラツキ、

息を引き取るの瞬間の瞳孔の開き方などで

神経症状が確認できるといった状況でした。







痩せた体から血液を抜いてまでした

検査結果が私に教えてくれたのは、


直視出来ないほど

サクちゃんがどんなに苦しく

ギリギリの状態で最後の日々を過ごしていたかということ。







そのいくつかの検査の結果で

FIPである可能性が非常に高いという診断となりました。





(ここに具体的な数値を載せるつもりでしたが

まだあの時混乱していて

記憶が不確かというか飛んでしまっている部分があるので

書けなくてすみません。

お知りになりたい方はコメントください。)








最後の毎日サクちゃんはどんなに苦しかったんだろう

私が無理に長引かせてしまったのかも、などと

もうどうしようもないことを後悔したり

これが精一杯で仕方がなかったよと自分で納得したり

頭の中で繰り返しています。




少し時間が経った今は、

サクちゃんの辛さを数字の上でも分かってあげられたことが

確かなものとして私の記憶にずっと残せるし

感じることが出来て良かったと思います。







可愛いサクちゃんと一緒に約一ヶ月間過ごせたことは

私には本当に幸せでした。






-1_20170408001526a81.jpg




P1270105-1.jpg




IMG_3741-1.jpg




IMG_3846-1.jpg




FullSizeRender-1-1.jpg





最期の日までごはんを食べて

小さな体でほんとうによく頑張って生きてくれました。


可愛いサクちゃん、いつかまた会おうね。





この仔のことは私に任せなさい!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ




関連記事

theme : 猫のいる生活
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

最後の最後まで
サクちゃんのために
本当にありがとうございました❗

読んでいて 涙が出ました。
この涙は なんの涙なんだろうと
考えたけど
とにかく オンオン 泣いてしまいました。

一年も生きられなかったサクちゃん。
でも 亡くなるその朝も 缶詰を食べてくれた
頑張りやさんの サクちゃん。

okaさんと 一緒に寝るのが
大好きだったサクちゃん。

私の中には
色々なサクちゃんが 浮かんでは消え 浮かんでは消えてます。

あられちゃんが サクちゃんのお世話をしてくれるんですね‼
ありがとうね❗

No title

雪も消え春が少しずつ近づいています。
寒い冬の間、okaさんとサクちゃんは濃密な時間を過ごしていたのですね。
過酷な運命を与えられたサクちゃん、必死に生きようとokaさんの腕の中で戦っている姿に涙がこぼれました。
この世に生きた時間は短くても、Blogを読んだ多くの人たちの記憶の中でキラキラした瞳やフサフサのシッポ、愛らしい姿は残っていますよ。
優しいokaさんちの仔になれて良かったね。
幸せだったね。

まるっと猫さん


まるっとさん、こんにちは。

サクちゃんが居なくなってもうすぐ1ヶ月ですね。
サクちゃんがうちにいたのも1ヶ月。

まるっとさんのところにはもっと前からいたから
今はお家に帰れてホッとしているかも知れません。

キャットタワーも貰っていただいて、
思い出の品はなるべく配置をかえたりして
胸が苦しくならないようにしました。
でも病気の子にはまたうちに来て欲しいと思っています。

私の中のサクちゃん、今は、今までサヨナラした仔たちと同じように
私の活動の原動力となってみんなで背中を押してくれています。

天国のサクちゃんは、あられが孫のように可愛がってくれているはずe-446


たま&にゃーごのママさん


たま&にゃーごのママさん、こんにちは。

いつもありがとうございます。

飯田は桜も満開ですっかり春です。

小さな体に、なぜあんな辛い思いをさせるのか悔しく思いました。
サクちゃんの、食べたい=生きたいでした。

私が出来ることは少なくて、一緒に居てあげらる時間を長くしたのに
最期の苦しい時に居られなかったことを何度も謝りました。

でもサクちゃんはとても偉くて、私の帰りを待ってから逝きました。

ブログを書いて、読んでいただくことで私は救われている部分が大きいです。
こうしてこれからも、皆さんの力を借りて出来る限り前を見て
出来ることをしていきます!

今後も見守って下さいね。

現在の閲覧者数:
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR