スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクちゃんの残してくれたもの FIPの記録1


こんばんは、okaです。

重い話になりますが読んで
サクちゃんのことを思っていただければ嬉しいです。





FIP 猫伝染性腹膜炎。

最終的にほぼ確定でした。






確定診断をするには、テンテンと同じように

死後解剖(剖検)するしかありません。




もう、しようと思いません。







サクちゃんの症状、

食欲減退、体重減少がうちにくるまでに分かっていたもの。


数日前にまるっとさんが別の病院へ診せたとき

推定生後6ヶ月で、体重1.6キロでした。






数日後私が預かるため、

かかりつけの病院で待ち合わせ。

保護状況や今までの様子などを
細かくまるっとさんに説明していただきました。

IMG_2944-1_20170402004724e5e.jpg


まずは触診。

発育不良、
乳歯が生え代わりで止まっているか
やっと生えてきたところ。


レントゲンの後、エコー、腸が腫れている。
腸のリンパもかなり腫れているのが分かりました。

エコーで見ていても分かるくらい
蛇行してギュルギュル動いている状態で痛みもあるようでした。



腸か・・・と、テンテンの最期が頭をよぎりました。





血液検査の表を見せてもらい、思わず「・・・えっ?」声が出る。

総タンパクは振り切れ測れない状態で高グロブリン血症。

そして黄疸。



これもテンテンと同じ。







まさか。と言う感じ。



IMG_3444-1_20170402162438128.jpg



外部に出したコロナウイルスの抗体価検査。

数日後に出た結果は、1600倍。



これも、同じ・・・。


1600倍って、数値としてはグレーゾーンなんだけど

テンテンのことがあってから私の中では黒寄りのグレー。
(1600倍以下でも白とは言えないし。)



IMG_3811-1_201704020122469ef.jpg




こうやって、データから考えればやっぱり、

他の病気である可能性はかなり少ないんだろうと今は冷静に思う。




けどかすかに聞こえてくる周りの声や、

自分の気持ちに振り回されて

FIPではなかった場合のことばかり考えていた気がします。





IMG_3602-1_2017040201224761b.jpg
(たくさん貰ったからたくさん食べようね、と言って聞かせました)





諦めたら終わりだと、

毎日とにかくなんでもいいから食べてくれれば

黄疸も治るし、肝臓も良くなるんだからと必死でした。





IMG_3590-1.jpg
(ロイカナの流動食。
直にシリンジで吸い取れるから衛生的。)

IMG_3025-1_2017040216243797d.jpg
(小さいシリンジの方が扱いやすい。
要冷蔵なのでシリンジに入れてから室温まで温めます。)

IMG_3020-1_201704022335056f0.jpg
(初日60ccほど飲んでくれたけど翌日から拒否される。)





私は子猫の看病は初めてで、

それもあったかも知れません。




ここを乗り切れば大きくなれるんだと、

まだ繋がっているかもしれないこの仔の将来に

今私がどうにかして支えてあげられれば、

今は厳しい状態でも、乗り切れるかも知れない。



そんな感覚でしょうか。








簡単に諦められればもう少し気持ちは楽だったのかも知れません。

結果的に、サクちゃんを苦しめてしまったのかも知れません。





もうこの子は死んでしまう運命なのだと分かれば、

楽に逝かせる別の選択肢もありました。


でもやっぱりどうしても生きようとしているこの子を前に

命を終わらせることは私にはまだ出来なかったとも思います。




病院でも何度も、選択肢の中に入れても良いものか聞きたかったけど

「安楽死」の一言が口に出せませんでした。



IMG_3492-1.jpg
(お腹を優しく撫でられるのが好きだったサクちゃん)




テンテンの最期を思い出すとそういう選択肢はいつも考えます。

あんな苦しい最期だと分かっていれば楽にしてあげたかった。





海外では闘病させないのが普通?らしいです。


そう思うと、命を終わらせるという選択が出来ないのは

ただの私のエゴなのかも知れません・・・。





まるっと猫さんはサクちゃんのことを全て私に任せて下さいました。






長くなるので、次回へつづきます・・・



あの茶色い仔のこと
たくさん思い出したわね

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



関連記事

theme : 猫のいる生活
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

現在の閲覧者数:
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。