スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーテールのブログからの転載 被災地の状況

ハッピーテールさんのブログから転載させて頂きます。

この間まで、みんな人間と共に暮らしていたのに

今は生きる事に必死です。




↓以下転載





緊急! 転載歓迎 原発被災地の動物達



原発避難区域では、避難所にペットや家畜を連れて行けず、

大半の人が泣く泣く置き去りにしてきました。

家やゲージに閉じ込めてきたり、

せめて自由にさせてあげようと犬の鎖を

はずしてきた人も多いため、

想像以上に悲惨な状況になっています。

犬が猫を噛み殺したり、

一匹の弱い犬に多頭で襲いかかったり、

道の真ん中で餓死寸前で動物たちが

横たわっていたり既に死んでいるコも多数・・・。

子牛の傍らで母牛が倒れていたり・・・

動物たちは空腹と孤独でギリギリの状態、

生き残るのに必死なのです。

いくつかの動物愛護団体や

個人ボランティアの方達が動物たちの

レスキューに乗り出したものの、

取り残されたペットは数万匹にも上るといわれており

大変厳しい状況にあります。

しかも、原発避難区域について、

県が国に立ち入り禁止の法的処置を要請しているとのこと。

もし決定されればレスキューも出来なくなり、

取り残された動物たちはどうなってしまうのでしょうか!





★以下のサイトから

内閣府、厚生労働省、環境省に対して意見・要望を送信することができます。

国に、避難区域にいる動物たちが餓死する前に保護するために動いてもらえないかと意見を送るよう、Twitter上で呼びかけられています。

意見ページ

https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose



nekonekoさんのブログ

「福島避難区域の取り残された、家畜、犬猫、野良のフードの為に各党と防衛省に意見お願いします!

一人でも多くの声が必要です!」と、ブログの中で各党と防衛省自衛隊の意見ページをリンクしてあります。

声を届けて下さい。

ブログはこちらhttp://ameblo.jp/tsukuba-cats/



※1日、宮城県気仙沼市の海上で、

漂流していた屋根の上に犬がいるのを

海上保安本部の特殊救難隊が見つけ、

約1時間後に救出したというニュースは

テレビや新聞で大きく取り上げられました。

でも意外にも新聞社などは、動物たちが

どのような状況に置かれているのか

真実を詳しく知らない所もあり、

報道してもらうようテレビ局や新聞社などに

声を届けるのもよいと思います。





★以下は、原発避難区域の動物たちなど、被災動物の様子です。



被災地動物情報のブログ

(頻繁に更新されているので新しい情報がわかります)  

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/



31日から原発避難区域で犬猫のレスキューをしている、

フリージャーナリスト山路徹さんのツイッターです。

http://twitter.com/yamajitoru

山路徹さんのツイッターより~『20キロ圏内犬猫』悲しい出来事。

飼い主を待ち続け・・・動物たちはいつも弱者、涙が出ます。 

http://twitpic.com/4g5gst



わんこのいる空間 アンディーとベリーからのメッセージ

『20~30km圏内からの救出』


http://ameblo.jp/pato1421/day-20110331.html



ペット救助に一時帰宅・・・県は「立ち入らないで」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000099-yom-soci



「救える命、まだある」 家族が猫のチビを救出

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000041-jijp-soci.view-000



避難区域のペットを助けて

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110403-00000303-alterna-soci



APF通信は20km圏内に入って取材をしたようです。

http://www.ustream.tv/recorded/13598436



【BBCで放映された、APF通信の20km圏内取材】

http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12887366





やじるし にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

現在の閲覧者数:
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。