人なつこい子猫の運命は、拾った人次第


先日、

人なつこい子猫を甥っ子が拾ってきたことがありました



学校帰りに甥っ子についてきて

放っておけなくて

家に連れて帰って来てしまったという事らしく・・・




義姉から連絡がきてとりあえず実家で預かったんですが

甥っ子が抱いて連れてきた子猫は

きっと猫風邪で目ヤニいっぱいで・・・

などど私が想像していた姿とは全く違う

痩せてない、毛並みツヤツヤ、人なつこい、スリスリゴロゴロ、健康そのもの!の

生後3ヶ月くらいの男の子でした



キリリ!
IMG_0924-1_20150823180530fe9.jpg


こういう時のため車に乗せてある猫救助グッズの中にあったお皿をさっと出し

子猫の用カリカリとお水を入れて、これでオッケー




よく聞くと、

義姉が帰宅したら

アイスを食べる甥っ子と子猫が

並んでリビングのソファに座っていたとか^^;




「これは多分野良じゃないよ^^;

この大きさで野良の子供だったら捕まらないし^^;

飼い猫じゃない? でも捨て猫かも?」



色々言いつつ、

まだ間に合う時間だったので

保健所や警察署に探してる人がいないか
連絡は済ませてもらい、


甥っ子も飼いたいと言ってるし

飼い主が見つからなかったら
家で飼うか相談するとの事でした




「ぼく眠たい・・・」
IMG_0921-1.jpg


ケージの中で動き回った子猫は

スヤスヤそのうちトイレの中で寝ていました



「明日家にあるフロントライン持ってくるよ」と伝えて

私が帰宅する時に少し撫でたらゴロゴロ

IMG_0927-1.jpg



「探してる飼い主がいなくて、

義姉たちも飼えないとなってもすぐに里親さん見つかりそうね・・・^^;」


なんて運転中思いながら

家に着くと母からLINEが


「子猫、○○ちゃんちの猫だったんだって、

もう一匹と一緒に

ねずみ取りの為に牛小屋で飼ってるらしいよ」




近所の家に電話したら飼い主が見つかり、

既に連れて帰って送り届けたらしい



とりあえず良かった






・・・けど





あの子がついてきたのが

たまたま猫に馴れている甥っ子で

私のような叔母さんがいたから難なく保護できる環境で

すぐにお家に帰れたけど



ついていったのが違う子供だったら、

もし猫嫌いの大人だったら・・・


拾われずに

大きな道路に出ていたら・・・

トンビやカラスに狙われていたら・・・


全く別の運命を辿っていたかもしれない




そう考えると、すごく怖い。





放し飼いは

特に人なつこい子猫の場合は

いつ行方不明になってもおかしくないですね




本当に大事に思っていたら

そんな危険な飼い方はしないように思うんだけど

人の感覚は

育った環境や少しのことで違ってくる





あの子たちの運命が

幸せなものであるよう願うばかりです・・・




(去勢手術は、時期が来たらする予定はしているらしい)


今日は余計な前置きは自粛なのね?
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ





関連記事

theme : 猫のいる生活
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

カワイイ子でしたね!
甥っ子さんに拾われて本当にラッキーでした!!
それもこれも okaさんや義姉さんが 日ごろから愛護の精神を伝えていたからですね!

それにしても 牛小屋の鼠捕り用の仔猫ちゃんですか・・・
う~~~ん・・・・複雑・・・・・

少しでも 関わると気になります!!

これからも 関わってあげてほしいです!!

まるっと猫さん

こんばんは^^
実家に猫が来てから甥っ子も猫好きになってくれて
自然に色々な性格の猫がいることも見て分かってると思うので
子猫にも好かれたのかも知れませんね^^;

牛小屋はかなり広い敷地らしいです
そこでごはんも食べられて自由な暮らしができるなら
不幸せではないと思うけど、気になりますよね〜
友達の家らしいので
猫見せてーって遊びにいってみたら?って言ってみようかな〜


牛小屋

長野でも最近、遺棄と思い里親募集した子猫に飼い主がいて、やはり牛小屋で他の猫たちと一緒に飼われていたことがありました。
その方は猫たちを大切にしてくださっていたようですが、結局里親募集することになりました。
大切にされているとはいっても牛と一緒では危ないし、いろんな面で不安もありますよね。私の住んでいる地域でも、猫はネズミ捕りのためとかいう考えがまだあり、外飼いの猫さんをよく見かけます。日本中の人の猫に対する意識が、あっという間によくなる魔法はないものでしょうか(笑)

Black&Whiteさん

先日ブログにあった子猫ですか?

そうですよね、牛の下敷きになったりしたら大変ですよね・・・
あんなに美形な仔がねずみ取りかぁと思うと、
戻さずにそのまま飼ってあげた方が幸せだったかなぁなんてつい思ってしまいました^^;
根強く残る古い意識を変えるには時間がかかりますね・・・

現在の閲覧者数:
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR