瀕死の子猫を病院へ連れて行きました・・・



明るい記事をもっと書こうと思っていたら

また悲しい話になってしまいました




帰宅途中の夕方6時半

倒れている黒い子猫が目に入りました


外傷もなさそうに見えて

近くの駐車場に車を停め
車にあった紙袋とタオルの代わりに
キレイな洗濯ネットをもって駆け寄りました


子猫は1〜2ヶ月位で痩せてて
横に寝そべるような姿勢で・・・
初めて会った頃のクロ助、くぅちゃんにそっくりな子。



小さな蟻がたかって、
目ヤニやよだれか分からないけど汚れた顔
「もう死んでしまっているんだ」と思いました


タオルの代わりに洗濯ネットで包んであげようと
震える手で触れると
足をびーんと動かすのです



まだ生きてる!

あぁどうしよう、どうしたらいい?!



時間を見ると6時33分、病院に間に合う時間。


もう、死んでしまうかもしれない
病院まで持たないかもしれない

でも
頭にぱっと、この子が
クロ助やくぅちゃんのように
元気に走り回る姿が浮かんで

諦めるという選択ができず


子猫を乗せた洗濯ネットを紙袋にいれ
いそいで助手席に乗せ病院へ向かいました





運転しながら袋に手を入れて
「頑張ってねー!もうすぐだから」

体をさすると骨ばって、とても痩せているのが分かります

運転しながらだけど、温めなきゃと膝に乗せました




病院に着くとすぐに診てくれて
(カウンターに乗せちゃったし


でも、もう呼吸が停止していて

少し心臓は動いていたようですが

息を引き取ってしまいました・・・





蟻がたかっているような
酷い状態の子猫をいきなり受付に持ち込んだのに
嫌な顔もせず診て下さいました


後から考えれば、とても迷惑な行為ですよね
とても反省しています

あとの消毒等も大変ですし
きっと診てくれない病院もあると思うんです
先生方にはいつもいつも感謝です・・・




子猫の口元にはもうウジの卵がついていたそうです

痩せていて、外傷はないことから
車にはねられたなどではなく
衰弱してフラフラになって倒れてしまったと思われます



感染症もあるかも知れません

ウイルスや、ウジの卵などが移ることのないように

家にいる子たちの為にこの子を家の中に入れないこと
慎重にするなら帰ったらすぐ
シャワー浴びるくらいの方が良いそうでした


-1_201506122328452d9.jpg
ペットシーツの中に子猫が包まれています
病院の庭に咲いている薔薇を添えてくださいました


IMG_0333-1.jpg
チビちゃんなのに頑張ったね。




帰宅途中にどうしようか迷っていた事

この仔の倒れていた所の家に声をかけようか・・・




きっとこの仔の家はないと分かっていました




紙袋に入ったこの仔を抱え、

倒れていた場所へ歩いて向かいました






現場のお宅の呼び鈴を鳴らすと出てきた奥さんに
黒い子猫が倒れていて
病院へ行ったけど死んでしまったことを伝える


「私は猫が苦手なので飼ってないんです

朝はヒクヒクしてたんだけどねー

あとで埋めてやらにゃな〜って話していたんな。

昨日くらいまではその辺を

チョロチョロしていたんだけど・・・


奇特な方がいるんだねぇ

この子猫は幸せだったね〜」






・・・

話を聞いたあと、徒歩で来た道を戻ります。






朝から・・・?

この仔は朝からずーっとあんな風に倒れていたの?


今日は朝から雨で・・・
お昼前に晴れて暑くなって・・・


アスファルトの上で冷たい雨に打たれて

冷えて弱った体を強い日差しに照らされて



何を思ったんだろう



痩せていたし親と
はぐれていたのかも知れません


お母さんに会いたかったよね
寂しかったよね・・・




抜け道になっているから車は多い道です
歩いて通る人もいたと思います



そのうちの誰1人、
小さなこの仔に手を差し伸べてはくれなかったの?



この仔があまりにも不憫で泣きながら夜道を家に帰りました


朝、私も目の前を通ったのに。

気づいてあげられていたら
少しでも苦しみをなくしてあげられたのに。

ごめん。








oka家の庭に埋葬するつもりでしたが
ここではひとりぼっちになっちゃうから

実家の春ちゃん、ブチ三毛ちゃん、テンテンの傍に
埋めてあげようと思います


もう、寂しくないからね。







苦しむ命がもっと減ってほしい。

人がもっと動物にやさしくなってほしいです

本当はシンプルで簡単なことなのに。




これから
たくさんお友達ができるわよ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



関連記事

theme : 動物愛護
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

okaさん ありがとうございます。

朝から そこに居たのに、手を差し伸べてくれなかった人が とても残念です。
猫が苦手という人は そんなものなのでしょうか・・・
他に代わりの居ない大切な命なのにね。

でも最期が独りぼっちじゃなくて、okaさんが傍にいてくれて、それだけが救いです。
okaさんは本当に 心の綺麗な優しい人です。

黒ちゃん、今度生まれて来る時は 美味しいものが沢山食べられて、優しい人に沢山可愛がってもらえますように。

私は涙腺が壊れてしまいました。








朝から そこに居たのに、助けの手を差し伸べてくれなかった人が とても残念です。
他に代わりの居ない大切な命なのにね。



No title

猫ちゃんは助からなかったけれど、手厚く葬ってもらい
ありがとうございます。
猫が苦手なのはわかりますが、平然とそんな事を
言葉に出来る人、さみしいですね。
okaさんのようなひとがもっと増えるといいな。

leira-tetuさん

leira-tetuさん、ありがとうございます。

住人は倒れていた子猫がいなくなっていることも
知らなかったようだったし
子猫が夜のうちに何かに食べられたりしなかっただけでも
良かったかな、と思っています。

まだ歩けていた前日にでも気がついてあげていたら
一番良かったんですけどね・・・

母親とはぐれたのかな?と書きましたが
捨て猫かも知れません
根拠はないけど。

痩せてたし、1人で彷徨っていたのかなって思いました
ああもう、考えるとかわいそうで。

一緒に泣いてくれてありがとうございます。

No nameさん

No nameさん、ありがとうございます。

目の前で苦しんでいる子を放置した人たちの心理は理解出来ないですね

頑張って頑張って、あの時間まで命をつないでいたのに。
助からなくてもせめて、箱に入れてあげるとか
軒下に移動してあげるとか。

通りかかった人にも
それすらしてもらえなかったという事実がとても悲しいです

やっぱり飯田市民のモラルは低いってことを
体感してしまいました
現在の閲覧者数:
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR