スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンテンのこと 皆さんにお話ししてないことがあります

あの日から一週間が経とうとしています

この一週間、いつもは朝が苦手な私が
朝5時過ぎになると目が覚め
あの日のことがよみがえります



テンテンのことで
ここに書いてないことがあります




私の希望で

病名を特定するため
息を引き取ったテンテンのお腹を開け
患部を大学病院へ送って検査をしてもらっています
(私の勝手な希望なので当然費用は私が負担します)


剖検(ぼうけん)と言うそうです





何も食べられなくなった頃から


ずっと考えていて

4日ほど前に先生にお願いしてありました




なぜ、そうしたかったのか

頼んだあとによく考えてみました





なぜ、テンテンは死ななければならないのか。

その理由が「多分FIPで」では納得できない。

このまま「FIPは怖い病気」というだけで終わらせたくない。

原因を特定することには大きな意味があるはず。

今後、同じような症状の猫たちの治療の役に立てるのでは。




などどいう思いでした







テンテンの最期がどんなものか

想像もしていなかった時に決めた剖検。




あの日の朝、何度も痙攣を繰り返すテンテンをみて

こんなに辛い最期を乗り越えようとしているテンテンの体を
まだ傷つけるのか、と 一瞬考え直しました




それでも、すぐに

なぜこんな目に合わなければいけなかったのか
安らかな最期じゃなかったからこそ
ちゃんと知らなきゃ、私が納得出来ない。


悔しさと同時に強い思いに変わり

まだあたたかいテンテンの体を
お風呂できれいにしてドライヤーで乾かし
ホームセンターで新しい段ボールを買って来て寝かせ

病院に連絡をして

お昼に連れて行きました






その日の夜、7時に病院へお迎えに。



はじめは直視出来ませんでしたが

写真を見ながら先生の所見をお聞きしました



正式なことは連休あけになるので

検査結果が出たらまた改めて書きますね







説明を聞き終わって

先生が連れてきてくださったテンテン





連れてきたときと同じように毛布をかけ
綺麗な顔で横たわるテンテンに


お悔やみのメッセージのハガキと
トルコキキョウの花束と花飾りで飾って下さって


来たときよりも華やかにしてもらって・・・


テンテンを目の前にすると
涙があふれて


私はとても酷いことをしたんじゃないかという私の言葉に
奥さんが
「うちの子でも、絶対剖検したと思います」と
そう強く言って下さいました


おいおい泣く私に
お二人で色々と優しい言葉をかけて下さって

そのお心遣いにまた涙が止まらず・・・




「お待たせしてしまうので7時ぎりぎりにいらして下さい」と
言われたのは、こうなることを見越しての気遣いだったんだと
その時分かりました




車に向かうときも
先生がテンテンを運んで下さって

お二人で頭を下げて駐車場を出るのを
見送って下さって・・・


悲しいけどあたたかい気持ちになりました






IMG_8513-1.jpg
実家に帰ってきたテンテン
綺麗なお花、うれしいね。



翌日、春ちゃんや、ブチ三毛ちゃんの近くに埋葬しました






明日か明後日くらいには

検査結果が分かると思います




また、ここでご報告させてください




もう痛くなかったはずよ。
安心して。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ





関連記事

theme : 動物愛護
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

あんまりご自分を責めないで下さいね。

テンテン君の剖検、確かに酷い事をしたと思われたでしょうけど、原因をはっきりさせる事で今後の活動に役に立つと思います。

魂の離れた身体をお風呂に入れてあげて…

その時のお気持ちを考えたら涙が出てきました。

テンテンの魂はちゃんと側にいてお気持ちをわかってくれてるはずですよ。

お辛いでしょうに

尊敬です

oka さんは。、、

本当に素晴らしい猫飼い主、そして猫ボラさんですよ!
辛いことに目を背けずに最後までやり遂げて、それがきっと次回にも繋がります。
一匹でも多くの猫たちのしあわせの為に。
私が言うのも生意気ですが逞しく頼もしく感じます。

テンテン喜んでると思いますよ

もう、魂は身体から離れてるし、剖検をして原因がわかったら、わからなくても何かが残るはずです。
そして、テンテンが生きた証が残るじゃないですか
テンテンの存在価値が確実に刻まれます^^
でも、お辛かったですよね
現在の閲覧者数:
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。