ペコちゃん やはり痙攣発作でした

ご心配おかけしました


ペコちゃんは相変わらずで

昨日も病院から帰って早速「美味しいもの」を待っています
(いくら待っても貰えませんよ ※ごはんは食べました)

IMG_5972-1_201501212038024a7.jpg
夕飯の支度をする私を眺めています

目を離した隙に・・・


-1_20150121203801175.jpg
ヽ(゚Д゚;)ノ!! 近っ!


だるまさんが転んだかと思いましたよ(笑)







和んだところで診断結果ですが


結論から言うと、やはりあれは痙攣発作で

昨日の時点では原因の特定は出来ないので
まず、痙攣の頻度を知ることが重要という事で経過観察をしています





動画の中で確認出来る動作から考えると、脳から来るもののようです


痙攣の原因として多いのは

FeLV(猫白血病)のリンパ腫かFIPドライタイプの肉芽腫が脳に出来ること
(私の頭の中の記憶とメモを整理して書いてるので間違っていたらすみません)

このFeLVと、FIPドライタイプの2つが二大疾患なんだそうです




昨日はFeLV(猫白血病)ではないか、ウイルスチェックをしましたが
FeLVもFIV(猫エイズ)も陰性でした



 白血病じゃないならFIPってこと??!

ガーンとなって、質問すると


FeLV陰性という事はFeLV以外が原因と言うことが分かったということで
原因が分からないという事が分かったと言うこと らしく


ええぇ・・・ ポカーン



FIPの血液検査はあまりやる意味がなくて

その他にも髄膜種(猫は比較的簡単に手術で取れるらしい)など、
色々な可能性があるようです



次にやれる検査はMRI。

麻酔のリスクと費用の事もあるので
発作頻度が多ければまたその時に相談する事になっています






頭のレントゲンはしませんか?って聞きそびれました

次の時聞いてみます






「治療(検査)が病気より辛いものになってはいけない」

という先生の考えがあって



私もその通りだと思います・・・

経過観察をして必要となればMRIを撮ります



経過観察をして頻度が多かった場合
MRIを撮らないでリスクを承知の上でのステロイド治療という選択肢もあるそうです

飼い主さんによってMIRを希望する人しない人の例を聞きました



私はその時にならないと判断つかないけど
やっぱり調べられるなら原因を知りたいと思うかも知れないな・・・





昨日、また短い発作がありました

夜10時頃、時間にしたら数十秒のですが動画と同じ仕草
IMG_5978-1_20150121203800953.jpg
その後はすぐ寝ます
(痙攣のあとは沈静化するそうです)


地震みたいに、何も起きない期間があっても一度起きると続く事もあるらしく
私が見ていない時間の方が長いのでもっと発作が起きているのかもしれません


今日は私が見ている間は発作はなく、いつもの食欲おう盛なペコちゃんです

IMG_5989-1_20150121203740c87.jpg
「…(その美味しいものをひとくち〜)」



痙攣は原因によっては今後もっと酷くなる事もあって

あられの時もそうだったけど、
ペコちゃんにとって辛いこと苦しいことはなるべくなくしてあげたいです


今は食べることが大大大好きーなペコちゃんなので
お腹の調子が良くなって、療法食以外にも美味しいフードを食べさせてあげたり

そんなことがペコちゃんの喜ぶ事かなぁ?と思っています





今日のペコちゃんは、

IMG_5980-1.jpg
私の椅子で寛いだり

IMG_5992-1.jpg
私の膝で寛いだり

だんだん距離が縮んできました




留守中の様子を記録出来るように
WEBカメラをつけたりとか出来ればしたいんですが
WEBカメラも色々あるし、よくわからない^^;

思い浮かぶ詳しそうな人に聞いてみようかなと思います

今回みたいな痙攣だと、見ていなければ気づかない事もあるので
見落とさずに回数を正確に確認するのは難しいですね・・・

うちに来る以前からあったとしても見落とされていたのかも知れませんね






今回、すぐに動画を撮れたのは
私が普段からしょっちゅう写真を撮ったりしてるからと言うものありますが

あられが痙攣した時、動画を撮ってみせてくれれば
腎臓からのものか脳からのものか分かると先生から言われていたからです

あられの時は、もう撮影する気にもならなかったですが・・・
ペコちゃんの猫生はまだこれからだから、記録出来ました

カルテに動画も記録してくれるそうなのでデータを渡しました




何かあったときはパニックになるけど
動画があるとあとで役立ちます




ペコちゃん、色々あるけど楽しく毎日を過ごせるよう

私に出来ることをしていきますので

一緒に見守ってもらえたら嬉しいです









今回の医療費は先日頂いた
あっこさんからのご支援を使わせて頂きました
ありがとうございました




他の猫たちとも
仲良くなれると良いけどねぇ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ





関連記事

theme : 動物愛護
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

ペコちゃんが

ごきげんさんで過ごしてくれるのが、きっと安定してくれるかもしれないですよね。

ペコちゃん、だるまさんが転んだ遊び、上手ね~(笑)

田中さん

そうかもしれません
楽しくのんびり過ごせるのがきっと健康につながりますよね!^^

毎日元気に「だるまさんが転んだ」したいです(笑)

ペコちゃん心配ですね。でも食欲はあるみたいで良かったです。人間用は一度食べたら辞められない的な、、以前コンビニでご飯貰ってたネコを保護した時様々な物を食べていたらしくて凄い下痢で直ぐに病院行きました。コンビニのオーナーさんからおでんのツユ入りご飯やらお客さんから様々な物を貰っていたのでしばらくはフードを食べなくて大変でした。早く体調や人間用のご飯の味を忘れてくれる事を願ってます(*_*)

辛いね

ペコちゃん 大変でしたね。家のチャー君も痙攣発作を起こし 初めての経験でパニックになりました。やはり脳に腫瘍があるのではないか?レントゲン撮っても特に何も写らず MRIは無いので撮れません。薬で様子をみています。11/4 12/31 1/16に発作があり、私の留守中にも発作を起こしているかもしれません。激しい発作が10秒位です。その後は眼の焦点が合わずポカーンとして何事も無かった様に普段通りに戻ります。話せないので本当に可哀想です。私事でごめんなさいm(_ _)mペコちゃんお大事にして下さい。

FIP 検索しちゃったです。。。

なんで調べる意味がないのかしら。。。
もしFIP だと分かって、積極的な治療はしないにしても、原因がわからない という不安はなくなるし、色々と対処出来る事がある様な。。。

でも先生のおっしゃる事だからきっとそうなんでしょうね。。。

可愛いペコちゃん♪発作起きません様に。。

毛玉ママさん

何がなくとも食欲だけはあるといった感じで、あまりにも必死なので笑ってしまいます。
人間の食べ物って美味しいんですね。
猫はグルメだというし、コンビニ猫ちゃんのおでんのおつゆ入りごはんなんて、絶対おいしそう・・・

あげなければそのうち忘れると信じて、心を鬼にします。

ペコちゃんはまだフードもモリモリ食べるので良かったです^^;
なのに今日はごはんの準備中つきまとって来ないので、元気がないのかも。
ちょっと心配です。

十字の薔薇さん

十字の薔薇さんの愛猫君も痙攣発作を起こしているんですか・・・
ペコちゃんの発作はまだ軽いので落ち着いていられますが、チャー君は酷い発作なんですね。
見ている方も辛いですよね・・・
ペコちゃんも留守中にもきっと発作起こしてるような気がしています。
やはり、レントゲンではなくMRIでないと腫瘍などは分からないんですよね・・・
私の通っている病院でもMRIはなさそうなので撮るとしたら県外の別の病院へ行って撮ることになると思います。
話が出来ない分しっかり良く見てあげないとと思うけど、24時間見てあげられる訳もなく心配も多いですが出来る範囲で最善の選択が出来るよう経過を見て行きたいと思います。
十字の薔薇さんのチャー君も症状が落ち着きますよう祈っています。

いろいろ読んだら、FIPは FIPだ と確実に診断する事が難しい病気なんですね。

だったら脳の検査をしたほうが近道だという事ですね ^ ^

あっこさん

深く考えて下さってありがとうございます。
FIPはなりたくない病気のひとつです・・・
もしそうなら、進行を遅らせる為にステロイドを使うことになるようです。

調べる意味がない訳ではなうんですが、FIPのもとの原因であるコロナウイルスの抗体価を調べても
結局FIPかどうか確定出来るものではないので「あまり、意味がない」ということだと思います・・・

数年前、実家のアボちゃんにFIP疑惑があった時があって(実際は違ったんですが)、
その時にネットで調べまくった名残で頭の片隅に記憶があったので先生のいうことも特に疑問を持ちませんでした。

「ネコ腸コロナウイルスとFIP(猫伝染性腹膜炎)とFIP抗体価検査について」
http://www.herbykatz.com/fip.htm
獣医さんではないようですがこの方のページは分かりやすかったです。
既読だったらすみません^^;

でも・・・こ改めて良く読んだら、「ドライタイプ(非滲出型FIP)」の箇所が
ペコちゃんの症状に合致することが多い気がします(泣)

あっこさん 行き違いになってしまいましたね

今お返事を打った所でしたe-451

そうなんですよね・・・なのでまずMIRなんだと思います。
ドライタイプだとしても、「だろう」としか言えないんでしょうね。
怖い病気ですね。

ペコちゃん頑張ってね

ペコちゃんの記事を拝見して、私も気になっていろいろ検索してみました。その中で、耳の掃除をしたことによる三半規管への影響で、ふらつきや震えが出るのでは? と考えている(飼い主さんの)記事があり、この辺とか近いかなあ、など思っていましたが、全然違っていましたね。

FIPは、なりたくない病気ですよね。うちでは去年亡くなったコが、CT、MRIと髄液検査の結果、FIP(ドライタイプ)の確定診断が出ました。
MRIは松本の(かなり塩尻寄りだったと思います)動物病院で撮れます。CTもあって、必要であれば一緒に検査出来る(1度の麻酔で済む)ので便利です。

ペコちゃん、おねだり可愛いですね。人間の食べ物はおいしいのかな? でもそこはぐっと我慢ですよね。

お返事ありがとうございます!

お返事頂けて嬉しかったです!私事で本当に恐縮です!ペコちゃん本当に可愛いですよね☆痙攣発作少しでも軽減出来たら良いですよね。何が良いのかわからないけれど、見守って行くしか無いですね◎帰って来て「あぁ良かった生きていてくれた」と思うんです。愛しいですものね☆ペコちゃんの愛らしさ これからも楽しみしていますね!

ゴトウさん

色々調べて下さってありがとうございます^^
ゴトウさん家の仔がFIPで亡くなっているんですね・・・
思いださせてしまって申し訳ないです。
FIPドライタイプはMRI等と髄液検査までしないと確定出来ないのですね。
検査をうけさせるかどうかの選択も悩みそうです。
松本の病院の情報ありがとうございます。
一度に撮れれば負担が少なく良いですね。
まだ具体的な話はしていないのですが、多分今の先生にお願いする場合以前いた愛知県の大きな動物病院に行くことになるようです。
飯田から松本へも2時間ほどかかるのでそれほど時間は変わらないのかもしれません。

ペコちゃんの可愛さがじわじわ染みてきます。
真っ直ぐ人の顔を見て、いつも一生懸命なペコちゃんですが人間の食べ物だけはあげません!^^

十字の薔薇さん

いえいえ。
痙攣発作で十字の薔薇さんの愛猫ちゃんも苦しんでいるとは、教えてもらって良かったです。
共感し合えて心強いです。
帰ってきて猫の姿を見て安心する気持ちも、よくわかります(泣)
これからもよろしくお願いします^^

こんばんは

飯田からだと松本は結構時間かかるんですね。もっと近いのかと思いました。

FIPの診断は、うちの場合、脳に炎症があることと髄液でのウイルス検査でプラスだったことで、ほぼ確定というような感じだったように思います。ちょっと、後で当時の診断書を探してみようかと思います。

何か参考になりそうな事があれば、お伝えしますね。

ゴトウさん

私が高速を運転出来ないこともあり、はっきり分かりませんが飛ばせばもっと早いと思います^^;
県外でも県内でも結局自力で行けないのです・・・情けないe-263e-263
いつも色々気にかけてくださって感謝しています。
また教えて下さい^^
現在の閲覧者数:
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR