スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春ちゃん 天国へ

ついこの間、お腹を撫でてあげたり

らん丸とすりすりしている記事を書いたばかりでした

かわいいかわいい春ちゃんが

14日(日)の夜11:50頃、父と母に見守られながら

天国へ旅立っていきました


9月6日の春子 ケージから出して撫でていたら走って二階へ行ってしまった時の写真



可愛かった春ちゃんの写真を沢山載せようと思っていたけど

いざ書き始めると写真を見る事ができない…


数日前ねこじゃらしで遊んだかわいい元気な春ちゃんの動画も

載せるつもりだったのに

編集できそうにないので今日はやめておきます



2日くらい前なら平気だったのに

いない事に慣れてきてしまったから

写真とか見ると逆に涙が出てくるなんて不思議です






11日(木)頃 何となく元気がないようにも見えた春ちゃん

12日(金) やっぱり元気がなく、お昼にはぼーっとした表情で水をたくさん飲みすぐに全部吐く
       午後3時 母が病院へ

13日(土) 元気戻らず様子見

14日(日) 昼前 母が病院へ


14日に行った時は目の周りや口の中が真っ白で
採血も少量しかできずヘマトクリットが5%ほどしかなく極度の貧血状態でした

生きているのが不思議なくらいの状態で
今日も明日も分からないと先生に告げられ
そんなこととは全く思っていない母は相当ショックを受けたと思います

家で見てあげた方がいいということで点滴と増血剤を打ってもらい帰宅



病院から戻った母から連絡をもらった私もまさかと言う気持ちでした

私は譲渡会に来ていたので帰宅して6時過ぎに春ちゃんのところへ行きました





口の中は本当に真っ白…

瞳孔が開いてぺたーっと長くなっている春ちゃん

名前を呼ぶとこっちを向くけどいつもみたいに鳴かない




お腹を撫でればごろーんだったのに動かない


急に思い出したように「ニャー、ニャー」と鳴く

いつもの声と違って高い声



起き上がって少し歩いてまたぺたーっと長くなる


8時過ぎ、夜は冷えるからもしおしっこ出ちゃったら濡れちゃうなーと母と話して

ケージにペットシーツを敷く


敷いている間、母が春ちゃんを抱っこ

IMG_3363-1.jpg

これが生きている春ちゃんの最後の写真となりました







私が自宅へ帰ってきてから3時間ほどあと

「今春ちゃん天国へ行ったよ」

母からラインがありました







翌朝、父が穴を掘ってくれて

母と一緒に泣きながら春ちゃんとさよならしました


IMG_3379-1.jpg



春ちゃんと仲の良かった銀ちゃんもきっとそっちにいるから

久々に会ってすりすりしているかな

らん丸がヤキモチ焼いちゃうかも



かわいい春ちゃんがいなくなってさみしいよ

お腹を撫でた時のモワモワの毛並みの感触まだ手に残ってるよ







春ちゃんが旅立って4日

夜いない私と違って、春ちゃんをいつも見てお世話して

とても可愛がっていた母の悲しみは私より大きいです


母をあまり悲しませたくないので

いつもならイライラするような時も優しくなってしまいます




寂しさには

だんだん慣れていくしかないですね





春ちゃんは腎不全もあり肝臓も良くなくて

口内炎もあり、急変のはっきりとした原因は分かりません


あられより状態は悪いかも知れないと先生には言われていたけど

まさかこんな急にこの日が来るとは想像していませんでした




でも、母に可愛がられて

春ちゃんは幸せだったと思います




ただ、母の事を思うともう少し生きていてほしかったな…











春ちゃん、

外にいた頃、ろくちゃんを撫でてたら私も私もと

砂利の上にごろんごろんしてアピールしてたっけ

家の中に入ったのはろくちゃんより後だったけど

春ちゃんは誰ともケンカしない良い仔だったね


ニャーニャーと呼ぶ表情がとても可愛かったよ


いつかまた会おうね





クリックおねがいします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

関連記事

theme : 動物愛護
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

春子ちゃんの ご冥福をお祈りします。
 春子ちゃんの気持ちは 春子ちゃんにしかわからないけど
こんなに愛されて そして 最期を 大好きなお母さんの腕の中で迎えられたなんて とってもとっても幸せだったんではないですか?
写真からも 穏やかな性格がわかる 春子ちゃん。 虹の橋のお話が本当であってほしいと思いました。 

No title

春ちゃん、頑張りましたね。

猫の腎不全は本当に多いですね。
定期的な補液、増血剤、輸血などの治療をしても
追いつかないのが悲しいです。

でもね、春ちゃんは大きな愛に包まれて、とても幸せでしたよ。

春ちゃんのご冥福を心から祈っています。

まるっと猫さん

コメントありがとうございます
春子がいなくなって一週間が過ぎ、
母の寂しさも日々の忙しさにまぎれて
少しは薄れて来たかもしれません
もっとケージから出してあげれば良かったとぼそっと言ったりするので
そんな言葉を聞くと私も胸が苦しくなりますが…

小さくて何だかもじゃもじゃの、かわいい仔でした^^
虹の橋の下で沢山の犬猫たちとワイワイしていたらいいなーと思います

leira-tetuさん

こんばんは^^
コメントありがとうございます
春ちゃん頑張りました
腎不全に貧血はつきものなんですよね…
週1〜2回の点滴と増血剤を打っていたのに急変してしまいました
ここまで急激な変化は腎臓だけでは説明がつかないようで
肝臓や他にも原因があるのではと先生には言われています

野良だったら一人静かにひっそり旅立つところを
先生方にも手を尽くしてもらって
甘えられる家族に看取ってもらえて
幸せな最期ですよね
現在の閲覧者数:
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。