スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月8日飯田保健所 ねこの譲渡会の様子

6月8日(日)、今年1回目の飯田保健所「ねこの譲渡会」が行われました


P1200177-1.jpg

準備していたら、飯田市(?)に大雨洪水警報が出たとかで・・・
みるみるうちに雲行きが怪しくなってきました・・・

参加した猫は13匹、そのうち貰われた仔は2匹でした。

天気のせいか、告知が広まらなかったせいか
来場者も少なく・・・新聞記者の取材もなく・・・
ケーブルテレビさんがしっかり取材してくれたので、
放送を見て後日問合せがあるのを期待します。


まだ離乳してない子猫とまだおっぱいが恋しそうな仔がほとんどでした。




一番小さい仔たち

まだ生後数週間くらい
P1200241-1.jpg
3組の兄妹が混ざっているそうです
P1200195-1.jpg
5匹います
P1200222-1.jpg
P1200236-1.jpg
P1200239-1_20140609001147b6a.jpg
P1200227-1.jpg
P1200248-1.jpg
野良猫の仔ということで持ち込まれた仔たち

ここまで小さいと職員の皆さんが必死でお世話しても
衰弱し、命を落とす可能性が高いです
母猫の元でもう少し大きくなっていれば、と悔しい気持ちになります

必死で鳴く小さい仔たちに胸が苦しくなりました


酷い下痢の仔もいていつまで体調が持つか分かりません
離乳前の子猫の世話に慣れている方にしか譲渡出来ませんし
この仔たちのことを考えて、
職員の皆さんも辛い選択をせざるを得ないかもしれません




次に小さい仔(1ヶ月ちょっとくらい?)

前日収容されたばかりでまだ健康そうでした
P1200179-1.jpg
P1200166-1.jpg
でも小さい・・・
持ち込む人は、「保健所=殺処分」という感覚で連れてくるのでしょうね

保健所は貰い手探しも積極的にしていると認識が広まれば
野良猫の仔だとしても、もう少し母猫の元に置いてくれるかたも増えるでしょうか

飯田下伊那はまだまだ猫に対する感覚が古く
子猫の命を大事に思ってくれる方がもっと増えるには
まだ時間がいるのでしょうか・・・



ほんの少し大きい仔たち(1ヶ月ちょっと〜1.5ヶ月くらい?)
↓2匹は譲渡されました
P1200197-1.jpg
この仔の色はとても変わっていて成長が楽しみな三毛猫ちゃんでした
雑種の仔たちは個性的で魅力的です
P1200153-1.jpg
↓この白黒ちゃんが残ってしまいました
P1200185-1.jpg



もう少し大きい仔(1.5ヶ月〜2ヶ月弱くらい?)

P1200206-1.jpg
P1200209-1.jpg
この仔は4匹兄弟で収容され
他3匹は衰弱して命を落としてしまったそうです
1匹で寂しいけど、良いご縁を待ちます
それまで体調が持ちますように



一番大きい仔(それでも2ヶ月くらい)
-1_20140608235253934.jpg
P1200145-1.jpg
黒い仔は多分メスで恐がりだけど好奇心旺盛
茶トラの仔はオスっぽい
少し慎重で大人しそう
写真に性格が良く出ていますね




参加猫たちは以上です


保健所の譲渡会の後は胸がザワザワして
きっとしばらく仕事中も頭を離れません

もし気に入った仔がいたら飯田保健所までお問い合わせ下さい




職員の皆さんは、猫たちの命を大切に考えています

できる限り元気に、新しい家族へ譲渡したい気持ちをもってお世話されています

今日載せた仔たちも、体調を崩して苦しい最期を迎えることのないよう
やむ終えず麻酔薬による安楽死の処置をする場合もあります

そのような場合もご理解をお願いいたします




次回の譲渡会は2ヶ月後位を予定しているそうです

収容している猫の数にもよりますので、ホームページなどでご確認ください





収容されている飼い主募集中ワンコがいます

飯田保健所のホームページにも載っています

高齢の飼い主が亡くなってしまった犬です
P1200256-1.jpg
大きなシニアのMIX犬です
P1200251-1.jpg
お散歩が好きで他の犬とも仲良くできる、人なつこい性格だそうです
P1200250-1.jpg
早く、新しい飼い主さんとめぐり会えますように


お問い合わせは飯田保健所まで



高齢化社会になって、飼い主をなくした犬や猫が増えています
高齢になった飼い主さんのペットたちが不幸にならないよう
家族が前もって考えていかないと行けませんね








飯田保健所の入口の真正面には
赤門と呼ばれる古い門があります

城下町だった飯田の街の中心にあった飯田城の門です
江戸時代に作られたそうです

P1200196-1.jpg

合庁に来るのはこんな時くらいしかないので
赤門の外観もザワザワした気持ちと一緒になって
あんまりポジティブな印象を持てないんですが・・・(汗)

とても美しいのでお越しの際はお近くで眺めていって下さい





クリックおねがいします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

関連記事

theme : 動物愛護
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

譲渡会お疲れ様でした。あまりにも小さな命達の姿に 私もハラハラです。せっかく幸せになれるチャンスなのだから 頑張ってと子猫たちにエールを送ることしかできなくて 心苦しいです。

まるっと猫さん

こんばんは
私も毎日考えてしまいます
なんにも知らないで産まれてきたあの仔達の事を考えると
できるものなら私が健康に大きく育ててあげたい
でもできない
やっぱり私は無力だなと思ってしまいます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うっちーさん

コメントありがとうございます^^
全部読んで下さったとは・・・
何を書いてきたか自分では忘れてるのでちょっと恥ずかしいですが^^;

また改めてメールさせてもらいますね!
現在の閲覧者数:
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。