スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パピヨンMIXのハッピー君 里親募集中!

4月10日、現在ハッピー君トライアル中です!

トライアルを終えて、正式に譲渡されました
ありがとうございました





パピヨンとスピッツのMIX ハッピー君の里親募集です

-1_20130328020651.jpg

名前:ハッピー (5才)

種類:パピヨンとスピッツmixと思われます

性別:オス

性格:明るく元気。無駄吠えしない、マーキングも見られない。

白いフサフサ毛並みの可愛いワンコです。

体重は6.2kgと少し大きめです



いくつか譲渡の際の条件を追加させて頂きますね

 ・施設にいるおばあさんにハッピーを時々会わせてあげられる方
  写真等の手紙や近況報告をして下さる方(場合によっては会わせてあげられる方)

 ・毎月トリミングにいいだ動物病院へ通わせてあげられる方

 ・できれば飯田下伊那近郊にお住まいの方が希望です




その場がパッと明るくなるような、とてもかわいいワンコです

__(9)-1.jpg

高齢のおばあさんが、シルバーの方に頼んで
月に一度シャンプーに通わせたりと

P1080937-1.jpg

とても大事に飼っていましたが

__(10)-1.jpg

おばあさんはが施設に入ることになって

P1080939-2.jpg

保健所へ連れていかれるところをいいだ動物病院で里親募集する事になりました

P1080913-1.jpg

シャンプーしたてでフッサフサ!

P1080889-1.jpg
犬も好き

動画をアップしましたので動くハッピー君を見て下さい

http://youtu.be/7RuylHQLBmc

すごく可愛いんですよ

P1080917-1.jpg
人が大好き!


ハッピーテールホームページにも載っています

飯田保健所のホームページにも載る予定です


ハッピー君を幸せにして下さる方、よろしくお願いします。





クリックおねがいします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



関連記事

theme : 里親探し
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

またまた来ちゃったよ~

保健所はね。私も何年か前に「1度,地元の保健所に見学に行ってこようかな?でも1人で行くのは怖いけども…」と東野さんと元のスタッフの柴崎さんに相談メールを出すと…柴崎さんは「東野さんに相談してみ…」東野さん「是非,行ってきて~。大阪の様子をレポートして~」だって^^;。

一通り施設内を見学させて貰い,話を聞くもその様子を伝えながら「犬が五月蠅くてまともに聞けなかった」と言う私。私が見学できたのは,市の方だけです。府の方にも電話をしてみると「大阪市の住民だ」と言ったら「じゃ市の方に行って下さい」だって。もうe-286

あれから暫くして,引き取り有料化が開始されそれと同時に私もどんどん現場人間になりました。と言っても,私はボラマニアになりきっている訳じゃないです。今いるのは満2歳半のピチピチのお嬢様柴。関西圏内のシリアスブリーダの所からやってきた子です。

この子を見ていても思うんですけど…猫にしても犬にしても繁殖の面に関して言えば,相当に深い見識をつまないとやるのは,厳しいものがありますね…。簡単に言えば「さじ加減」。現役の方の言われる事を聞いていても,1つ間違えるととんでもない事になるんだなと言うのがわかります。単に炭酸ガス・麻酔致死の話じゃないのねと言う奴(安楽死と言う言葉も余り使いたくないの,好きじゃないので。)。

炭酸ガス・麻酔致死よりも,もっと苦しいのが遺伝性のものです。
これは,本当に苦しい。アレルギーにしても恐らく血統も関係していると思うし…(東野さんからお聞きかと思うんですけど…)アカラスも加わって,そこから甲状腺機能低下症…これを味わうと,犬だけじゃなくて飼い主も苦しむのね。だもんで,これを教訓にして,私繁殖者選びから始めました。そこで,電話でもあたってみたり,実際に見学させて貰ったりして3軒ピックアップした中から,兵庫県から迎えたんです。

その時に,色々質問して犬舎も拝見させて貰い,親犬も。可也深い所まで聞いたと思います。それ位,やらないとまっとうな方の所を探し出せない。保健所へ連れて行くようなのはブリーダと言わない,私は
素人に毛の生えた「繁殖屋」と言わせて頂きます。

その繁殖屋なる産物を作り出したのも無知(無恥)な一般人デショ。
大嫌いです本当。私の事は,東野さんか小島さんに聞いて下さいな。
良くご存知ですから。はい(笑)。

yamanoさん

yamanoさん、お返事が遅くなりました。
きちんとしたブリーダーの所からワンちゃんを迎えられたのですね。
業者によっての遺伝性の病気のことは知りませんでした。
今は目の前で手の届くところにいる犬猫にできることをしてあげるのが精一杯で
地道なボランティア活動をしています。
やっているうちに知識も増えて行くと良いのですが^^;
現在の閲覧者数:
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。