サクちゃんの残してくれたもの FIPの記録3



こんばんは。
okaです。


前々回からの続きです。







片付けを皆さんにお任せして早めに会場を後にしました。

帰ってきて、サクちゃんどうかなー?と部屋を覗くと

おかしな姿勢でキャットタワーに入っているサクちゃん。




変な格好だな、と思ったけど

それでも目はしっかりこちらを見ていて、

そこにいたの〜などと言ってから一度部屋を出て

大騒ぎしている他の猫たちにごはんをあげてから戻り



いつもしない場所にしてあるオシッコを拭いたりしてから、

サクちゃんに声をかけ

触れると、体はダランと意識がない状態でした。









仕事中のまるっとさんに電話。

出ないのでとりあえずライン。




フラフラで階段を下りて、夫に運転してもらい病院へ。






仕事を終えたまるっと猫さんが

高速を飛ばして会いにきてくれたのだけど、

その前に診察室で息を引き取ってしまいました。






私がいない間に

呼吸もうまく出来なかったり体力のないサクちゃんが

キャットタワーの中で

身動きが取れなくて弱ってしまったと思い、




私は何度もサクちゃんに

居なかったことを謝ることしかできなくて、

ただゴメンねと言い続けていたような気がします。




そんな間も先生がサクちゃんの口の周りをきれいに拭いたり

色々と言葉をかけて下さいました。



神経症状が強く出て、恐くて隠れたんじゃないか

中で出られなくて動いて体力を奪われたかもしれないけど

もう血液検査の時点で生きているのが不思議な状態だったのだから

ここまで本当によく頑張っていて、力尽きたという感じではないか。




ほかにも



okaさんは謝ることないです、

出来る限りのことをやってあげたじゃないですか!とか、

励ましの言葉を頂いて、

そうだよな、出来ることはやったはずなんて妙に納得してしまったり。




スタッフの皆さんも優しくて

涙と鼻水まみれの私にティッシュを差し出して頂いたり

私のお世話まですみませんと言う感じでした。




毎回、通院の時も、

最期の日も皆さんに良くしていただいて

サクちゃんも幸せな最期でした。






キャリーの中で安らかな眠りについたサクちゃんを連れて帰り

飛んできてくれたまるっと猫さんにたくさん撫でてもらって

お別れしてもらいました。




IMG_4573-1_201704080014505f6.jpg
まるっとさんが買って来てくれたお花と一緒のサクちゃん。



火葬の日まではまた同じように一緒に寝て

それまでしていたように何度サクちゃんの頭に顔を押しつけても

生きている時と何にも変わらない

フワフワの感触とにおいで、涙が出ました。








火葬が終わってから、

最後の血液検査の説明を聞きに。



サクちゃんは腹水が溜まらず

数値以外でFIPであると診断する症状がありませんでした。





最後には頭の揺れやフラツキ、

息を引き取るの瞬間の瞳孔の開き方などで

神経症状が確認できるといった状況でした。







痩せた体から血液を抜いてまでした

検査結果が私に教えてくれたのは、


直視出来ないほど

サクちゃんがどんなに苦しく

ギリギリの状態で最後の日々を過ごしていたかということ。







そのいくつかの検査の結果で

FIPである可能性が非常に高いという診断となりました。





(ここに具体的な数値を載せるつもりでしたが

まだあの時混乱していて

記憶が不確かというか飛んでしまっている部分があるので

書けなくてすみません。

お知りになりたい方はコメントください。)








最後の毎日サクちゃんはどんなに苦しかったんだろう

私が無理に長引かせてしまったのかも、などと

もうどうしようもないことを後悔したり

これが精一杯で仕方がなかったよと自分で納得したり

頭の中で繰り返しています。




少し時間が経った今は、

サクちゃんの辛さを数字の上でも分かってあげられたことが

確かなものとして私の記憶にずっと残せるし

感じることが出来て良かったと思います。







可愛いサクちゃんと一緒に約一ヶ月間過ごせたことは

私には本当に幸せでした。






-1_20170408001526a81.jpg




P1270105-1.jpg




IMG_3741-1.jpg




IMG_3846-1.jpg




FullSizeRender-1-1.jpg





最期の日までごはんを食べて

小さな体でほんとうによく頑張って生きてくれました。


可愛いサクちゃん、いつかまた会おうね。





この仔のことは私に任せなさい!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ




theme : 猫のいる生活
genre : ペット

サクちゃんの残してくれたもの FIPの記録2


こんばんは。
okaです。


前回の続きです。




サクちゃんが最期の日を迎える数日前に、

迷ったけど血液を詳しい検査へ出してもらっていました。


その結果を見てこんなに苦しくなるとはその時は

想像していませんでした。









ツイートも一部ですが一緒に載せていきますね。




(聞こえる鳴き声は白ちゃんです。サクちゃんは口の動きのみ)



サクちゃんの治療は、


はじめの2週間くらいは腸の状態を改善するような注射をしていました。

病院では薬も私の考えを尊重して選んで下さいます。


FIP以外の可能性を考え、まずはステロイドを使わないでいました。




しかし全く効果がなく、食欲もまばら・・・

平均して食べる量は少なく、

IMG_4044-1_2017040201222214b.jpg

はじめ1.6キロだった体重は1.5キロに。






これだけ抗生剤を使っても効果がないことを考えると

何か変えていった方が良いと弱いステロイドに切り替えました。


その日病院から帰宅した直後から食欲がすごくてびっくり。



翌日、ミルサーが届いたので食べやすく工夫しました。


IMG_4212-1.jpg
(毎朝毎晩深夜に色々な物を並べます)



ステロイドにここまで効果があるのか不思議だったけど

次の通院の時も同じようにキャリーを開ける前から違います。

出してと鳴くんです。






ウエットフードを平らげるサクちゃん。

これはもう切り替えたステロイドの効果が明らかでした。







もっと早く使えば良かったかも知れません。






ただ、

体重は増えません・・・





よく食べられるようになって嬉しいのに

便は食べた物がそのまま固まって出ている状態でした。



スマホで撮った写真が分かりにくいので

先生に見て貰う為に病院へ便を持参し
(ラップに包んだ状態で見て貰いました)

まるっとさんにも一緒に見ていただけました。







消化を助ける為、

酵素をフードに混ぜることにしましたが・・・





それでも、酵素のにおいで食欲が落ち、食べられない。



サクちゃんが食べたいのに

食べられなければ何にも意味がない・・・。




酵素はやめて、サクちゃんの好きな物を

どれでも食べてもらおうと思うようになりました。









深夜にあげるちゅーる。


食べるのが辛そうなのに食べたいって気持ちが分かって
見ていると泣けて仕方がなかったです。






頂いたドライフードも食べてくれて本当に嬉しかった。






サクちゃんは私が部屋にいるといつも膝に乗りたがりました。

IMG_4349-1_201704020222105c6.jpg


ジャンプ出来る頃は背中にも飛び乗ったり。

IMG_4154-1.jpg



しゃがんでいる時も膝に手をかけて乗せてーと見つめてきました。






最後の方は体力がないこともあって、

膝に乗るのもフラフラとバランスを崩して転んでしまったり。


それでもそーっと私の横に来て、寄り添うんです。






サクちゃんひとりの寂しい時間が長いので

せめて夜は一緒に寝ようと

実家から布団を借りてきてから10日間くらい夜はずっと一緒。




私にとっても幸せな時間でした。


IMG_4345-1.jpg
(おはようサクちゃん)




食べても体重は減り、1.34キロ。


フラツキが出てきて、頭がゆらゆら揺れます。



足のフラツキは体力のないせいだったかも知れませんが分かりません。








トイレはペットシーツで部屋のあちこちにして良いようにしていました。

IMG_4317-1_20170402012252cd4.jpg
(黄疸で黄色いオシッコ)





便も黒いものと粘膜状の物になってきて、

残り時間の少なさを感じ・・・




譲渡会で留守中、良い状態でいられるように

前日に、点滴と注射(ステロイドと腸の炎症を抑えるもの)をしてもらいました。







最期の日の朝、



二度寝してる私の頭の横にピタッとくっついて、とっても可愛かった。

IMG_4478-2.jpg


食欲があって、ウエットフードの黒缶を食べました。











そして私は譲渡会へ。





長くなったのにもう少し次回へ続きます・・・


本当に可愛いこね
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ






theme : 猫のいる生活
genre : ペット

サクちゃんの残してくれたもの FIPの記録1


こんばんは、okaです。

重い話になりますが読んで
サクちゃんのことを思っていただければ嬉しいです。





FIP 猫伝染性腹膜炎。

最終的にほぼ確定でした。






確定診断をするには、テンテンと同じように

死後解剖(剖検)するしかありません。




もう、しようと思いません。







サクちゃんの症状、

食欲減退、体重減少がうちにくるまでに分かっていたもの。


数日前にまるっとさんが別の病院へ診せたとき

推定生後6ヶ月で、体重1.6キロでした。






数日後私が預かるため、

かかりつけの病院で待ち合わせ。

保護状況や今までの様子などを
細かくまるっとさんに説明していただきました。

IMG_2944-1_20170402004724e5e.jpg


まずは触診。

発育不良、
乳歯が生え代わりで止まっているか
やっと生えてきたところ。


レントゲンの後、エコー、腸が腫れている。
腸のリンパもかなり腫れているのが分かりました。

エコーで見ていても分かるくらい
蛇行してギュルギュル動いている状態で痛みもあるようでした。



腸か・・・と、テンテンの最期が頭をよぎりました。





血液検査の表を見せてもらい、思わず「・・・えっ?」声が出る。

総タンパクは振り切れ測れない状態で高グロブリン血症。

そして黄疸。



これもテンテンと同じ。







まさか。と言う感じ。



IMG_3444-1_20170402162438128.jpg



外部に出したコロナウイルスの抗体価検査。

数日後に出た結果は、1600倍。



これも、同じ・・・。


1600倍って、数値としてはグレーゾーンなんだけど

テンテンのことがあってから私の中では黒寄りのグレー。
(1600倍以下でも白とは言えないし。)



IMG_3811-1_201704020122469ef.jpg




こうやって、データから考えればやっぱり、

他の病気である可能性はかなり少ないんだろうと今は冷静に思う。




けどかすかに聞こえてくる周りの声や、

自分の気持ちに振り回されて

FIPではなかった場合のことばかり考えていた気がします。





IMG_3602-1_2017040201224761b.jpg
(たくさん貰ったからたくさん食べようね、と言って聞かせました)





諦めたら終わりだと、

毎日とにかくなんでもいいから食べてくれれば

黄疸も治るし、肝臓も良くなるんだからと必死でした。





IMG_3590-1.jpg
(ロイカナの流動食。
直にシリンジで吸い取れるから衛生的。)

IMG_3025-1_2017040216243797d.jpg
(小さいシリンジの方が扱いやすい。
要冷蔵なのでシリンジに入れてから室温まで温めます。)

IMG_3020-1_201704022335056f0.jpg
(初日60ccほど飲んでくれたけど翌日から拒否される。)





私は子猫の看病は初めてで、

それもあったかも知れません。




ここを乗り切れば大きくなれるんだと、

まだ繋がっているかもしれないこの仔の将来に

今私がどうにかして支えてあげられれば、

今は厳しい状態でも、乗り切れるかも知れない。



そんな感覚でしょうか。








簡単に諦められればもう少し気持ちは楽だったのかも知れません。

結果的に、サクちゃんを苦しめてしまったのかも知れません。





もうこの子は死んでしまう運命なのだと分かれば、

楽に逝かせる別の選択肢もありました。


でもやっぱりどうしても生きようとしているこの子を前に

命を終わらせることは私にはまだ出来なかったとも思います。




病院でも何度も、選択肢の中に入れても良いものか聞きたかったけど

「安楽死」の一言が口に出せませんでした。



IMG_3492-1.jpg
(お腹を優しく撫でられるのが好きだったサクちゃん)




テンテンの最期を思い出すとそういう選択肢はいつも考えます。

あんな苦しい最期だと分かっていれば楽にしてあげたかった。





海外では闘病させないのが普通?らしいです。


そう思うと、命を終わらせるという選択が出来ないのは

ただの私のエゴなのかも知れません・・・。





まるっと猫さんはサクちゃんのことを全て私に任せて下さいました。






長くなるので、次回へつづきます・・・



あの茶色い仔のこと
たくさん思い出したわね

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



theme : 猫のいる生活
genre : ペット

皆様へ、感謝の気持ち


こんばんは。
okaです。



前回、本来なら一番始めに書くべきことを

すっ飛ばしておりました。





こうして私が猫たちの事をお世話できるのも

いつも応援して下さるたくさんの皆さまのお陰です。






まず、以前ブログで不要なスチームクリーナーを譲って欲しいと書いたところ
3人の方より頂きました。
ご報告お礼が遅くなりました。

お陰でサクちゃんが来る前にしっかりケージの掃除が出来ました。
体力が落ちているサクちゃんのためにとても助かりました。

本当にありがとうございましたm(__)m




そしてハッピーテールにいつもご支援くださる皆様
フードをたくさん分けていただきました。
IMG_3596-1.jpg
たくさんいる保護猫たちに使わせていたいていますが
サクちゃんがとにかく何か食べられる物をと思い
色々出してあげたのですが

ちゅーる、焼きささみや焼きかつお、
ドライの「ル・シャット」のヌクレがお気に入りでした。

ありがとうございましたm(__)m




サクちゃんに、とフードを下さったまるっと猫さんのご友人
IMG_4361-1.jpg
まるっとさんからの話やツイッターを見て心を寄せて下さり
食べそうな物を選んで下さったそうです。

そのお気持ちがとてもありがたく励まされました。
ツイッターに書きましたが
サクちゃん、最期を迎える数日前に頂いたドライフードを食べました。

本当にありがとうございましたm(__)m



まるっと猫さんもたくさんフードやペットシーツを下さいました。
IMG_4360-1.jpg
IMG_4305-1.jpg
毎日その日の様子を報告していましたが
しょっちゅう飯田まできて一緒に通院して下さって
ありがとうございました。

まるっとさんの保護猫たちも手がかかるのに
サクちゃんのことをお世話する私のことも気遣って下さって
申し訳なかったです。

私の考えを尊重してくださって、感謝していますm(__)m









サクちゃんの初診の検査費用を

ハッピーテールのご支援金より頂きました。



その他はまるっと猫さんや他のボランティアさんのご協力により

点滴等に通うことが出来ました。






支えて下さる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。




ツイッターでも優しい方がたくさんいて、励まして下さいます。
お陰で前に進んでいけます。





本当に、ありがとうございます。









私は、ぼーっとしてるので

いろいろと失礼も多いかと思いますが、

今後も見守っていただけましたらとても嬉しいです。






なかなか書けないのですが

サクちゃんのことを次回書き残したいと思います。


FIPの事も、やっぱり書きたいので・・・






エイプリルフールだけど本当よね
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ




theme : 猫のいる生活
genre : ペット

サクマ君天国へ 1ヶ月間お世話させてくれてありがとうね。


こんばんは、okaです。

先月の譲渡会からブログが更新出来ずすみませんでした。

本当は譲渡会の記事を2回分書かなきゃいけないのですが
その前に書きたいことがあります。




ツイッターを見て下さっていた方は
この1ヶ月の出来事をご存知かと思います。



ありがとうございます。

ブログに、もう少し詳しく
頑張ったサクちゃんのことを残したいと思っています。







先月の譲渡会の2日前、
2月17日にまるっと猫さんよりバトンタッチしてサクマ君がoka家に来ました。

IMG_3006-3.jpg




食欲が落ちて、痩せてしまったサクマ君を

具合の悪い子を何頭も抱えているまるっとさんに代わり
私が元気にして、
ステキな里親さんの元へ送り出しますと意気込んでいたのですが
その日の診察で状態がかなり悪いことが分かりました。




私に出来ることは何でもやってあげたい、
食べたい物は何でも食べさせてあげたいと日々奮闘した1ヶ月間でした。

IMG_3330-1.jpg


FIPの疑いが強いとの診断でした。



違う病気であって欲しいと願い、
先生とも相談しながら治療をしてきましたが

徐々に神経症状も出始め、3月19日天国へ行ってしまいました。






譲渡会から帰ってきた私が
ぐったりしているサクちゃんに気づいて

まるっとさんに会ってもらうまでは待ってほしくて
病院へ連れて行きました。



話をして処置してもらう時、瞳孔が開き始めて
ぐーっと体を伸ばしてから静かに呼吸を止めました。



開いた瞳孔は左はまん丸に大きいのに右は小さいんです。

神経症状のひとつだそうです。

一瞬のことで、その後同じ大きさになりました。



こうやって書いていると淡々としていますが



うまくしゃべることが出来ないほど取り乱して

待合室でも、診察中も泣き続けてしまい
今思うと本当に恥ずかしいのですがかなり取り乱していました。


朝は一緒に寝て、枕元にくっついてきたところを写真を撮ったり
黒缶も食べられて、調子が良かったんです。



私が家にいればこんなことにはならなかった

譲渡会へ行かずに家にいればよかった と

そんなことばかり思っていました。



最期は先生やスタッフさんと私が見守る中で

安らかに旅立つことができて
それはとてもサクちゃんにとって幸せだったと思います。

FullSizeRender-1_20170323234716291.jpg





またもう少し、最期の1ヶ月のことを書きたいと思います。







小さい体でほんとうに頑張ったわね
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



theme : 猫のいる生活
genre : ペット

現在の閲覧者数:
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR