被災ペット消息情報「Google アニマル・ファインダー」

少し前に被災地動物情報のブログ

紹介されていたので、被災者の方や、ペットを保護している方の目にとまるように紹介してみます。



http://googlejapan.blogspot.com/2011/04/blog-post_14.html













Google アニマル・ファインダー




「動物を探している」をクリックして、

探したいペットの特徴や住所などを記入すると

該当する登録情報が見られます。




「動物の消息情報を提供する 」では、

保護しているペットや、目撃したペット、

または探しているペットの情報を登録する事が出来ます。




ここで登録された情報が

上記の「動物を探している」でヒットする仕組みのようです。





他にも、

環境省 収容動物データ検索サイト





ここでも。

msn ペットサーチ







愛犬、愛猫を探されている被災者の方と

保護されている犬猫たち、

迷子になっている犬猫たちが早く再会できますように・・・















被災動物救済の為の署名サイト

被災地動物情報のブログ

福島原発周辺の被災動物救済の為の海外の署名サイトが紹介されています。

署名の仕方も書いてくださっているので、

英語が読めない(書けない話せないわなき1)私でも署名出来ました。



こちらです→署名サイト4つ

「Name not displayed」にチェックをすれば

名前は公開されません。



署名したみなさんのリストが見られるのですが、

アフリカ、ドイツ、アメリカ、フランス・・・

世界中から署名されています。

涙が出ました。

福島第1原発:警戒区域内のペット保護へ 必要あれば除染

被災地動物情報のブログより転載

うれしいニュースです!



以下転載

__________________________





※毎日新聞より

http://w.mainichi.jp/eq/news/

20110428k0000m040075000c.html




やったーーーうれしいい!!!!



日本の皆さんとHUGしたいです!!

日本に帰った時はHUGしてください!!!



とにかく以下記事より転載、読んでください!!!





・・・・以下転載・・・・

福島県は27日、

東京電力福島第1原発の半径20キロ圏内への立ち入りを禁じる



「警戒区域」にいる犬などのペットを28日~5月2日に保護すると発表した。



野放しにされたり、衰弱している犬を優先的に捕獲する。

スクリーニング検査をして必要があれば除染し、

県内の保健福祉事務所などで保護するという。



県によると、警戒区域内にいる狂犬病予防法に基づく登録犬は約5800頭だが、

正確な頭数は分からないという。

飼い主が分かれば市町村を通じて連絡し、

居住先が決まれば返す。



県のホームページで保護したペットの特徴を公開する予定。





__________________________

転載以上



やっとみんなの願いが叶うのかな!

未だに信じられない私ですが。



5800頭・・・

5日間でどれだけのペットが救われるのか、

犬を優先的にとありますが、室内に取り残された猫は??



20キロ圏内だけでなく、

今飼い主とは慣れて暮らしている動物達全てが

苦しい生活から解放されますように!

とにかく一匹でも多く保護お願いします!



25日から警戒区域内の家畜の殺処分を開始

警戒区域内で所有者の承諾を得られた衰弱している牛や豚、ニワトリ達を殺処分するそうです。







警戒区域内で殺処分開始へ 福島県、衛生上の理由

http://www.47news.jp/CN/201104/

CN2011042401000514.html




検索したら「逆性せっけん」は、安楽死の薬ではないようです。

苦しい最期、何にもしてあげられない。

被災地動物情報のブログより転載【環境省】ペット連れだしを検討!!

※産経ニュースより



http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/

110421/dst11042123490057-n1.htm




環境省が20キロ圏内のペットの連れだしを検討されています。

牛や馬、豚たちの救出もお願いします!!



・・・以下記事より抜粋・・・



近藤昭一環境副大臣は同日の記者会見で

「連れ出しは(住民の一時帰宅と)同時になるか少し後になるのか、

順調に進むよう調整したい。

命に関わることなので早めにやりたい」

と話した。



福島県によると、

20キロ圏内にかかる9市町村で、

狂犬病予防法に基づき登録されている飼い犬は約5千頭いるが、

実際にどれくらい取り残されているかは不明という。





_____________________________

転載以上



やったー!

思わず声が出てしまった・・・



検討だけじゃ意味がないけど、少し希望が見えた。

1時間でも早く!

動物達を助け出してほしい。

実現してほしい。



どうかお願いします!!







被災動物救済の要望 送り先リンクなど

要望を送りたくても、何を書いたら良いか分からないという方、

先日も紹介した、犬猫救済の輪さんのブログからのコピーでも要望が送れます。



首相官邸ご意見ページへのリンク

文章をコピーして送っても良いそうです。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110411.html



環境大臣へのメールのリンク

文章をコピーして送っても良いそうです。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110415.html



農林水産大臣へのメールのリンク

文章をコピーして送っても良いそうです。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110416.html







また、保護した犬や猫を預かって下さる方や、里親として迎えて下さる方を

募集しているボランティア団体がたくさんあります。









今朝のやじうまテレビに地球生物会議さんが出演していました

今朝のやじうまテレビに、地球生物会議ALIVEさんが出演して

福島の原発避難地域内の映像を流していました。



白い、放射能の防護服を着たボランティアさんが民家へ入り

ペットを救助している様子が映されていました。



明るいリビングらしき部屋の窓辺に横たわる猫。



1人のボランティアさんは悲鳴のような声をあげ泣きながら、

もう1人のボランティアさんは「いい?運ぶよ・・・」などと声をかけながら

猫の亡骸をシーツにのせて収容していました。



その猫は23歳の高齢猫だったそうです。

飼い主さんが避難し家に戻れなかったため、餓死。



23年間も頑張って生きたのに、こんなに辛い最期。

苦しかった猫の気持ち、飼い主さんの気持ち・・・言葉になりません。











18日のハッピーテールさんのブログから、地球生物会議ALIVEさんの[ALIVE-news]を転載します。

4月5日、6日の現場の映像です。

数日前に紹介した画像のような、衝撃的なものはありませんでした。



鶏をくわえて走る犬、死んでしまった母牛の横でやせ細って生きている子牛。

今日はこの映像から2週間後です。



一人でも多くの声を国へ届けてください。

次のページへ、犬猫救済の輪さんのリンクを貼ります。

そこからコピーで要望が送れます。






以下、地球生物会議ALIVEさんブログ転載です。





----------------



ALIVE-news ◆福島原発避難区域の動物たち┃2011.4.18





この4月5日、6日における福島第一原発避難地域の動物

たちの現状の映像が、YouTubeにアップされました。



福島原発避難区域の動物たち(4月5日時点)

http://www.youtube.com/watch?v=l5hLZuaW_Tg&feature=mfu_in_order&list=UL



福島原発避難区域の動物たち(4月6日時点)

http://www.youtube.com/watch?v=07b1uha8NDI&feature=mfu_in_order&list=UL



<投稿者のコメント>

福島原発避難区域(特に20km圏内)に取り残された動物たち

(特に家畜)は飢えと渇きに苦しみ、衰弱・餓死に至っている

現状があります。

世論が高まらなければ、行政も対応せずにそのまま放置状態に

なってしまいます。

皆さまの力が必要です。抗議電話ではなく、具体的にどうして

ほしいのかを文書として国や県に要望して下さい。

この映像を通して、現地で取り残されている動物たちが一日でも

早く苦しみから解放されることを願います。



----------------

転載以上。

数匹の犬猫の数日分にしか満たないけど

前回の記事をご覧下さい。



リンク先のあまりにもひどい画像を見て

私には何にもできないけど、いてもたってもいられず、

スーパーで以前から商品入れ替えのドックフードとキャットフードが

半額で売られていたのを思い出し、それらを犬猫救済の輪さんへ送りました。



これっぽっちゃじゃ、ちょっとの犬猫の食べる分しかない。

もっともっとたくさん必要・・・。

月並みだけど、私にできることってこのくらいしかない、とにかく送りました。



こちらに、首相官邸へのご意見ページのリンクと

動物達への支援物資の送り先、支援金の振込先があります。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110411.html

(この後の支援物資受付は、犬ドライフード大袋・ こねこ・成猫用ドライフード・ウエットレトルトのみ、そのほか消耗品小物だそうです)

こちらに農林水産省へ意見を送れるページがリンクされています。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110416.html







ボランティア活動をされている団体がたくさんあります。



心が動かされたら、ブログなどで見た動物達の現状を人に話したり、

募金や物資を送れなくても、政府へ意見を送ることはできます。

ぜひ、よろしくお願いします。

みんなで動けば大きな力になります。



原発被災動物の現状 ハッピーテールブログからの転載

ハッピーテールさんのブログ(4/15)からの転載です。

ひどすぎます。

原発被災地の現状が、写真で載っています。

私は覚悟してクリックしました。

でも途中までで、ページを閉じてしまいました。



見るのは怖い、でも少しでも見てください。



そして政府に意見を送っていただけませんか?

私は内閣府と首相官邸へ意見を送りました。






↓↓以下転載記事↓↓



ブログタイトル:本日発売のFRIDAY 







浪江町の家畜の様子のルポルタージュがあります。



胸が苦しくなり、ページを開いて涙が出てきます。



すぐに救出してくれなくてもよいからせめて水と餌をやってください!

柵から出してやってください!

また室内に閉じ込められていた猫は生存率が1割程度だそうです。犬猫救済の輪さんのブログに本当に悲しい写真が載ってました。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-2053.html



ただ避難せよと言う政府には幻滅です。















現在の閲覧者数:
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

oka

Author:oka
猫たちの事を中心に書いています。
愛護活動、家猫、外猫、保護猫たちとバタバタ過ぎていく日々の出来事。
更新はまばらですがおつきあい頂ければ嬉しいです。

最新記事
最新コメント
お買いもの



↓1,900円以上で送料無料
 少し買う時に助かります



↓5,000円以上で送料無料



↓ペコちゃん通院時のオムツ
お腹周りに合わせて大きめに



↓あられのキャリー



↓狭い所が苦手な猫に大きいキャリー
横からも上からも開いて便利



↓ペットケア用品いろいろ



↓ペコちゃんのごはん



消化器サポート食べなくなっちゃったので
↓ペコちゃんのごはんその2



↓クロ助のごはん
 phコントロール2



↓土日祝日も発送



↓あられが好きだった缶詰






↓これ欲しい…
 シニアニャンコや
 障害のあるニャンコに優しい
 キャットタワー


↓白いケージはここで



↓安くて可愛い洋服屋さん



↓可愛い生地がたくさん




リンクバナー


映画「犬と猫と人間と」
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR